またいちの塩 製塩所 “工房とったん”と輝く海

2月中旬、糸島の牡蠣小屋へ行った帰りに、お天気も良かったので“まちいちの塩”まで車を走らせてみました。

糸島の岐志漁港牡蠣小屋より車で約10分程の距離。

こんな日は、海を左手に海岸沿い(志摩サンセットロード)を気持ちよくドライブです。

またいちの塩

 にぎわう“またいちの塩”にちょっと驚き!!

到着したのは、13時くらいだったでしょうか?

塩を造る作業場のイメージでしたので、人の多さにちょっとビックリしました。

建物は手作り感たっぷりで、田舎の農作業場のようななつかしさを感じます。

海に面した場所には、廃材や木を利用して、皆さんがくつろげる素敵な空間が作られていました。

 海を眺めながらカフェタイム

“またいちの塩”の入り口を入って、すぐに目につくのが軽食を売っているコーナーです。

時間帯によっては、皆さんが並んでいますのですぐにわかると思います。

お昼過ぎたばかりの時間でしたが、すでにプレーンのプリンしか残っていませんでした。

またいちの花塩プリンを購入して、屋外の素敵なテーブルでちょっと休憩です。

ひと口いただくと、まろやかな塩がプリンの甘さを引き立てています。

とても美味しい柔らかなプリンですので、ぺろっと完食です。

輝く海をバックに“塩ジンジャー”。

今日は、週に一回あるかないかのほれぼれするくらい海がきれいな、塩づくりの海水を汲み上げに適した日なのかなあ~~~

 塩ができる工程をのぞいてみよう

くみ上げた海水を、立体塩田の上から竹を伝わせて、ゆっくりゆっくりつたい落ちつづける海水の様子です。

手作業で時間をかけて出来上がる塩は、とても美味しくなります。

屋根付きの休憩スペースもあるので、風が強い日などはこちらのコーナーを・・・

手作りのブランコは、小さな子供達のお楽しみコースです。

 スローな時間をすごそう

たまには、海を眺めながらゆっくりとした時間を過ごしたい。

これって、知らず知らずに行っているリフレッシュなんですね。

駐車場・お手洗い

 駐車場

駐車場より“またいちの塩”の入り口まで、ゆっくり歩いて約5分、この砂利道が続きます。

“またいちの塩”の専用駐車場は約10台ほどしかありません。

駐車場が満車の場合は、すぐ隣に漁業組合の有料駐車場(300円)で預ける事ができます。

 お手洗い

お手洗いは、ここ漁業組合の敷地内にしかありませんので、車を停めて“またいちの塩”に向かう前に済ませて行く事をお薦めします。

またいちの塩 製塩所 工房とったん

営業時間 :  10:00〜17:00
定休日 : 年末年始(要確認)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする